teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(1)
  2. ブランド激安市場 bag53(0)
  3. ブランド偽物ブランド激安市場(0)
  4. 茶飲連歌(0)
  5. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


桃果様最後の句

 投稿者:茶飲  投稿日:2014年11月28日(金)21時18分11秒
返信・引用
  さる十月八日に七十六歳で逝去された桃果様最後の句でございやす。

生き延びて 楽土赫赫 秋津島

慎んでご冥福をお祈り申し上げます。
 
 

しばらくどうも

 投稿者:茶飲  投稿日:2014年 5月16日(金)10時52分53秒
返信・引用
   巻ノ八十八「楽土」
      平成26年   3月  7日首

1 七十年生きて楽土はここにあり         桃果
2  たれそつねならむ世の輝き          茶飲
3 輝けば地の光草の輝き見え来る         桃果
4  楽しみの園に川は流れり           茶飲
5 春光に草木目覚める我もまた          桃果
6  近鉄からみる耳成山の月           茶飲
 ウ
7 春嵐小窓に竹葉打ちつけり           桃果
8  ベランダのすみれ背を伸ばしたる       茶飲
9 春来る証しの如く街歩き            桃果
10  早咲の桜に目を見張るなり          茶飲
11 朝明けはかそけく見えつとく照り渡る      桃果
12  澄みし気を吸い人歩き始め          茶飲
13 弦月の終夜照らせる初春の街          桃果  初春(はる)
14  放たれる矢に吹き出す命           茶飲
15 一転の雨の日となる春気配           桃果
16  芽の音を聞く空は春嵐            茶飲
17 音曲もありて千代田の花見かな         桃果
18  ほどほどに打て春の大雨           茶飲
 ナオ
19 わが楽土侵せしものはわが私欲         桃果
20  何度懲りても直らぬ病            茶飲
21 皇居道通る花見や人群れて           桃果
22  しばし平和な世を名残り見ん         茶飲
23 生きるとは苦しみ痛みなき身かな        桃果
24  所詮旅立つ巣の置き所            茶飲
25 生き延びて楽土赫赫秋津島           桃果
26  生きれば浄土日々是好日           茶飲

りっぱなアイコンでやんす。
 

皇居に入る

 投稿者:  投稿日:2014年 4月 9日(水)06時17分45秒
返信・引用
     25.生き延びて 楽土赫赫 秋津島  桃果

 

それぞれに味わい

 投稿者:茶飲  投稿日:2014年 4月 8日(火)19時55分33秒
返信・引用
   巻ノ八十八「楽土」
      平成26年   3月  7日首

1 七十年生きて楽土はここにあり         桃果
2  たれそつねならむ世の輝き          茶飲
3 輝けば地の光草の輝き見え来る         桃果
4  楽しみの園に川は流れり           茶飲
5 春光に草木目覚める我もまた          桃果
6  近鉄からみる耳成山の月           茶飲
 ウ
7 春嵐小窓に竹葉打ちつけり           桃果
8  ベランダのすみれ背を伸ばしたる       茶飲
9 春来る証しの如く街歩き            桃果
10  早咲の桜に目を見張るなり          茶飲
11 朝明けはかそけく見えつとく照り渡る      桃果
12  澄みし気を吸い人歩き始め          茶飲
13 弦月の終夜照らせる初春の街          桃果  初春(はる)
14  放たれる矢に吹き出す命           茶飲
15 一転の雨の日となる春気配           桃果
16  芽の音を聞く空は春嵐            茶飲
17 音曲もありて千代田の花見かな         桃果
18  ほどほどに打て春の大雨           茶飲
 ナオ
19 わが楽土侵せしものはわが私欲         桃果
20  何度懲りても直らぬ病            茶飲
21 皇居道通る花見や人群れて           桃果
22  しばし平和な世を名残り見ん         茶飲
23 生きるとは苦しみ痛みなき身かな        桃果
24  所詮旅立つ巣の置き所            茶飲




 

人の通る道なれど

 投稿者:  投稿日:2014年 4月 7日(月)05時25分38秒
返信・引用
    23.生きるとは 苦しみ痛み なき身かな 桃果


 

予断を許さぬ将来

 投稿者:茶飲  投稿日:2014年 4月 6日(日)14時33分42秒
返信・引用
   巻ノ八十八「楽土」
      平成26年   3月  7日首

1 七十年生きて楽土はここにあり         桃果
2  たれそつねならむ世の輝き          茶飲
3 輝けば地の光草の輝き見え来る         桃果
4  楽しみの園に川は流れり           茶飲
5 春光に草木目覚める我もまた          桃果
6  近鉄からみる耳成山の月           茶飲
 ウ
7 春嵐小窓に竹葉打ちつけり           桃果
8  ベランダのすみれ背を伸ばしたる       茶飲
9 春来る証しの如く街歩き            桃果
10  早咲の桜に目を見張るなり          茶飲
11 朝明けはかそけく見えつとく照り渡る      桃果
12  澄みし気を吸い人歩き始め          茶飲
13 弦月の終夜照らせる初春の街          桃果  初春(はる)
14  放たれる矢に吹き出す命           茶飲
15 一転の雨の日となる春気配           桃果
16  芽の音を聞く空は春嵐            茶飲
17 音曲もありて千代田の花見かな         桃果
18  ほどほどに打て春の大雨           茶飲
 ナオ
19 わが楽土侵せしものはわが私欲         桃果
20  何度懲りても直らぬ病            茶飲
21 皇居道通る花見や人群れて           桃果
22  しばし平和な世を名残り見ん         茶飲






 

わが世

 投稿者:  投稿日:2014年 4月 6日(日)07時24分1秒
返信・引用
    21.皇居道 通る花見や 人群れて  桃果


 

そのまま自戒の句でやんす

 投稿者:茶飲  投稿日:2014年 4月 5日(土)22時28分46秒
返信・引用
   巻ノ八十八「楽土」
      平成26年   3月  7日首

1 七十年生きて楽土はここにあり         桃果
2  たれそつねならむ世の輝き          茶飲
3 輝けば地の光草の輝き見え来る         桃果
4  楽しみの園に川は流れり           茶飲
5 春光に草木目覚める我もまた          桃果
6  近鉄からみる耳成山の月           茶飲
 ウ
7 春嵐小窓に竹葉打ちつけり           桃果
8  ベランダのすみれ背を伸ばしたる       茶飲
9 春来る証しの如く街歩き            桃果
10  早咲の桜に目を見張るなり          茶飲
11 朝明けはかそけく見えつとく照り渡る      桃果
12  澄みし気を吸い人歩き始め          茶飲
13 弦月の終夜照らせる初春の街          桃果  初春(はる)
14  放たれる矢に吹き出す命           茶飲
15 一転の雨の日となる春気配           桃果
16  芽の音を聞く空は春嵐            茶飲
17 音曲もありて千代田の花見かな         桃果
18  ほどほどに打て春の大雨           茶飲
 ナオ
19 わが楽土侵せしものはわが私欲         桃果
20  何度懲りても直らぬ病            茶飲

 

過去

 投稿者:  投稿日:2014年 3月31日(月)07時12分34秒
返信・引用
    19.わが楽土 侵せしものは わが私欲  桃果

 

天候不順

 投稿者:茶飲  投稿日:2014年 3月30日(日)10時27分11秒
返信・引用
   巻ノ八十八「楽土」
      平成26年   3月  7日首

1 七十年生きて楽土はここにあり         桃果
2  たれそつねならむ世の輝き          茶飲
3 輝けば地の光草の輝き見え来る         桃果
4  楽しみの園に川は流れり           茶飲
5 春光に草木目覚める我もまた          桃果
6  近鉄からみる耳成山の月           茶飲
 ウ
7 春嵐小窓に竹葉打ちつけり           桃果
8  ベランダのすみれ背を伸ばしたる       茶飲
9 春来る証しの如く街歩き            桃果
10  早咲の桜に目を見張るなり          茶飲
11 朝明けはかそけく見えつとく照り渡る      桃果
12  澄みし気を吸い人歩き始め          茶飲
13 弦月の終夜照らせる初春の街          桃果  初春(はる)
14  放たれる矢に吹き出す命           茶飲
15 一転の雨の日となる春気配           桃果
16  芽の音を聞く空は春嵐            茶飲
17 音曲もありて千代田の花見かな         桃果
18  ほどほどに打て春の大雨           茶飲
 ナオ


 

レンタル掲示板
/55