teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: (無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 8月17日(火)07時25分41秒
返信・引用 編集済
  > No.755[元記事へ]

> 薄氷堂さん
>
>名前からして夏でも冷たい風の吹く洞窟がありそうな感じですね。杉も立派です。

その通りなんです。背後に迫る山から流れ出る小川が、この神社のすぐ横に流れています。
岩がゴロゴロしているんですが、その川を遡って行くと、小さな洞窟があるそうです。

そこが龍穴。

この川の水はそこから流れ出している・・・とガイドブックには書いてあります。

大和にお出での齋には是非・・・

タクシー代わりは出来るかも知れません。

http://sanyutei.wordpress.com/

 
 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 8月16日(月)21時07分54秒
返信・引用
  > No.753[元記事へ]

>三友亭主人さん

 すばらしい神社ですね。神社マニアの血が騒ぎます(笑)。

 名前からして夏でも冷たい風の吹く洞窟がありそうな感じですね。杉も立派です。

 大和といえば、学生時代に一度奈良市へ行っただけという情けなさ。今思えばず
いぶんもったいないことをしました。

 ぼくはお寺よりは神社に興味がありますので、大和の神社めぐりをぜひ実現させ
たいと願っております。ここも行かなくちゃ。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 8月15日(日)23時18分54秒
返信・引用
  大和の国、室生寺をちょいと過ぎたあたりに龍穴神社があります。
その境内にはいると、何か言いしれぬ冷気に覆われるような気がするのですが、その境内に建つ杉の一つです。

後ろにいる人と較べてみて下さい。

そしてお社と較べてみて下さい。

ただただ圧倒されるだけです。

http://sanyutei.wordpress.com/

 

Re: 呑ん兵衛のインコ

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 8月12日(木)21時01分10秒
返信・引用
  > No.751[元記事へ]

>アナログ熊さん

 小鳥をいじめる飼い主というのはどんな人なのか想像もつきませんね。そりゃあ
インコだってビールの一杯もやりたくなろうというものです。

> 実にユニークなビーチャンでした。(ビーチャンとは自分でそう言っていたので)

 いや、熊さんこそユニークなお方だと思いますよ(笑)。
 

Re: 呑ん兵衛のインコ

 投稿者:アナログ熊さん  投稿日:2010年 8月12日(木)06時42分15秒
返信・引用
  > No.747[元記事へ]

実はこのインコ、前の飼い主にかなり酷くイジメられたようで、早口でそのイジメているようすをそっくり喋ったのですよね。
録音してスロー再生すればその様子が再現できたでしょうが、そういう趣味は無いもんで。
さらに肩には止まるのですが、絶対自分の体を触らせる事は無く、口移しで食べることも拒否してました。
これじゃ~、ビールでも飲みたくなりますよね~~。
熊さんに保護されて、愛情いっぱい・夜には一杯のリハビリの後、最後はおばあちゃん(実母)の手の中で亡くなりました。
実にユニークなビーチャンでした。(ビーチャンとは自分でそう言っていたので)

http://sai-kbg.serio.jp/index.html/

 

Re: 呑ん兵衛のインコ

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 8月11日(水)23時12分22秒
返信・引用
  > No.749[元記事へ]

薄氷堂さん
>
>  ドイツの犬ならビールでOK、フランスの犬ならワイン、ロシアの犬
> ならヴォトカじゃないかと……

この理屈で言うと、メキシコの犬はテキーラ。
ビールやワインだったらまだしも、ヴォトカやテキーラはちょいときつすぎるような・・・

また、スコットランドの犬だったら・・・スコッチ・・・

これはまた余りにも勿体ない。

http://sanyutei.wordpress.com/

 

Re: 呑ん兵衛のインコ

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 8月11日(水)21時27分28秒
返信・引用
  > No.748[元記事へ]

>アナログ熊さん and 三友亭主人さん

 インコといっしょにビールを飲む孤独なおじさんやら、犬に日本酒を
与える(元)青年やら、まさになんとか珍百景ですね(笑)。

> 彼女(雌犬だったので)のお好みは清酒。
>
> これが犬という種の中においての個体差なのか・・・・それとも、犬という種が持つ特性なのか・・・他の犬では実験できていないため、未だ不明です。

 ドイツの犬ならビールでOK、フランスの犬ならワイン、ロシアの犬
ならヴォトカじゃないかと……
 

Re: 呑ん兵衛のインコ

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 8月11日(水)07時40分31秒
返信・引用
  > No.747[元記事へ]

アナログ熊さんさん

> 冗談でビールを注いだコップに止まらせたら、結構飲みましたね~~。
> その後、フラフラするでもなく、普通に籠に入って寝てましたが。

おやまあ・・・これはまた・・・・
ビールの何が気に入ったんでしょう・・・・?

ちなみに件の犬はビールは余り好みではなかったようで、匂いを嗅いだだけであっちに行ってしまいました。
彼女(雌犬だったので)のお好みは清酒。

これが犬という種の中においての個体差なのか・・・・それとも、犬という種が持つ特性なのか・・・他の犬では実験できていないため、未だ不明です。

・・・酒に強い弱いを含めて・・・・

http://sanyutei.wordpress.com/

 

呑ん兵衛のインコ

 投稿者:アナログ熊さん  投稿日:2010年 8月10日(火)22時41分32秒
返信・引用
  誰かが放棄したインコを保護し、最後まで看取りました。
小さな鳥は寿命が短く、子供の頃に飼っていた文鳥は亡くなる度に姉弟で泣いてましたっけ。
冗談でビールを注いだコップに止まらせたら、結構飲みましたね~~。
その後、フラフラするでもなく、普通に籠に入って寝てましたが。

http://sai-kbg.serio.jp/index.html/

 

Re: 東京スカイツリー

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 8月 9日(月)08時24分40秒
返信・引用
  > No.745[元記事へ]

>さとうさん

 どうもありがとうございます。

 なるほどマウント・アダプタがあれば昔のレンズを使えるんですね(かなり使いにくい
とは思いますが)。古いFLレンズで現在人気のスカイツリーを撮影とはしゃれています。

> 合成樹脂多用の現在のレンズと違って、オールドレンズは金属主体で、質感がいいですね。

 昔のカメラやレンズは一般にそうですね。使い込んだものには風格さえ感じられます。
オールド人間もがんばらなくちゃ(笑)。
 

東京スカイツリー

 投稿者:さとう  投稿日:2010年 8月 8日(日)23時34分15秒
返信・引用
  こんばんは。建設中の東京スカイツリーを撮ってみました。譲り受けましたCanon FL200mm F4.5を使ってみました。調べたところ、44年前のレンズなのですね。合成樹脂多用の現在のレンズと違って、オールドレンズは金属主体で、質感がいいですね。  

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 8月 8日(日)21時02分19秒
返信・引用
  > No.743[元記事へ]

>三友亭主人さん

> 今日は勇気を振り絞って写してみました。

 撮影するところを想像して、思わず笑ってしまいました。

 なるほど不思議なお店ですね。霊判断ですか。賽銭箱を置いてあるのは
おもしろいアイディアだと思います……マネしようかな(笑)。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 8月 7日(土)21時50分46秒
返信・引用
  今日のオア散歩の成果です。
前からよく見かけてはいたのですが、これを写真におさめるのが
何となく怖い気がして・・・・

今日は勇気を振り絞って写してみました。

前は整体をやっていらっしゃったんですけどね・・・いつの間にやら・・・

http://sanyutei.wordpress.com/

 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 8月 6日(金)21時21分14秒
返信・引用
  > No.741[元記事へ]

>三友亭主人さん

 どうもありがとうございます。一面のホテイアオイ、壮観ですね。

 牧野新日本植物図鑑には「暖地では非常によく茂り水田、溝、池の中で水にただよい
害草化する多年生草本」とありますが、わざわざ植えるというのは純然たる観賞用なの
でしょうね。

> 一番下写真は大和三山の一つ畝傍山。

 まさに古典文学の世界のただ中に住んでいらっしゃるわけですから、うらやましいか
ぎりです。

 まあ、こちらは古典とは縁がありませんけど、涼しいのは助かります。いまも夜風が
窓から入ってきて、とても快適です。

 今日から港まつりがはじまりました。面倒だから行きませんけど、街には夜店も並ん
でいます。

 今夜はブログはお休み。その代わり、こちらに今日の一日一枚を貼っておきましょう。
港まつりの行事のひとつ、訪船慰問です。花束贈呈ですね。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 8月 6日(金)05時48分38秒
返信・引用
  毎年楽しみにしているホテイアオイが咲き始めました。
10数年前から休耕田を利用して、近所の若者達が植え始め、最近では小学校までもが関わっているものです。
まだちょっと早いんですが、近くを通りかかったもので、つい・・・

一番下写真は大和三山の一つ畝傍山。
このホテイアオイが咲いているのは、薬師寺がかつてあった本薬師寺というところ。今は残っていない東塔と西塔の中心部を結んだ線を延長すると、この山の頂上に至り着きます。
そして、この山の頂上を真北に20kmほど。
現在の薬師寺がほぼ正確に位置しています。

http://sanyutei.wordpress.com/

 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 7月25日(日)23時13分13秒
返信・引用
  > No.739[元記事へ]

>三友亭主人さん

 カメラをぶら下げて街歩きをするのは愉快ですよね。ただし熱中症
にはどうかお気をつけて。

> 古式豊かな酒蔵もあれば、懐かしい銭湯。

 酒屋さんは納得の店構えですが、この銭湯はちょっと風変わりです
ね。こちらではこういう造りはみかけません。

> そして、街にはやや不似合いなモダンな・・・これは薬屋さんです。

 モダンとはいっても、古典的モダニズムですね(笑)。味があってい
いです。ぼくの好みかな。

 さて伝統というのはなかなか強力なものでして、いくらコミュニズム
を教育してもごらんのとおり、縁起をかついだ中華デコレーションは根
強く生き残っております。

 それにしても派手なこと。薬屋さんのモダニズムがワビサビに見えて
しまいますね(笑)。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 7月25日(日)21時57分2秒
返信・引用
  久々に三輪の街中を歩いてきました。
古式豊かな酒蔵もあれば、懐かしい銭湯。

そして、街にはやや不似合いなモダンな・・・これは薬屋さんです。

http://sanyutei.wordpress.com/

 

Re: 暑中お見舞い

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 7月16日(金)20時59分42秒
返信・引用
  > No.737[元記事へ]

>くしろOBさん

> 暑中お見舞い申し上げます

 どうもありがとうございます。こちらは涼しくて快適です(笑)。
今夜は肌寒いほどですよ。さすがは貧乏人の軽井沢ですね。

> 昨今の梅雨は情緒のない、集中豪雨、これも気候変動か?

 ちがいますね、たぶん。原因はご政道の乱れとみました。

> そのうち、霧の釧路もなくなるか?

 ご心配なく。サンマ漁はまだパッとしないようですが、今年は
霧の日が多いです。

 さてこの写真、港湾部庁舎となりの緑地ですが、なんだかおわ
かりになりますか?

 まさか港湾部がモダンアートの展示をしているわけではなく、
港まつりの踊りパレードに使う笠を虫干ししているんです。

 もうそんな季節になったんですね。
 

暑中お見舞い

 投稿者:くしろOB  投稿日:2010年 7月16日(金)19時56分45秒
返信・引用
  暑中お見舞い申し上げます

梅雨も明けそうな天気となり、いよいよ猛暑の季節、
昨今の梅雨は情緒のない、集中豪雨、これも気候変動か?

釧路の濃霧はどうなるか?
さんまもいわしもよりつかず、旬の味覚はどこえやら!

そのうち、霧の釧路もなくなるか?
さびしいかぎり!
 

Re: 藤原京から

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 7月13日(火)20時45分51秒
返信・引用
  > No.735[元記事へ]

>三友亭主人さん

 ありがとうございます。微妙な色合いが美しいですね。

> 朝・・・そう、6時頃家を出て藤原京に出かけました。
> 車で15分ぐらい。

 うらやましいですね。車で15分走れば藤原京ですか。

> なかには千数百年、その池に咲き続けいていたものも・・・・

 よく花の命は短いといいますが、どうしてどうして、植物のしぶ
とさは大変なものだと思います。人間が地上から滅び去っても生き
つづけるでしょうしね。
 

レンタル掲示板
/45