teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 4月25日(日)19時05分38秒
返信・引用 編集済
  ブログの方の北国の春の気配・・・確かに感じ取りました。

こちら大和はそろそろ初夏へと季節は動き始めています。

橘寺の二面石

そして・・・橘寺の白タンポポです。

http://sanpendo.yolasite.com/

 
 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 4月12日(月)22時39分39秒
返信・引用
  > No.711[元記事へ]

>三友亭主人さん

> こちらは今・・・初夏の足音が

 ツツジですか?

 え~と、春なんですよ、これでも(笑)。これが春でないといわれますと、ぼくの
立場が……

 たしかにこちらには関西のような春はありません。はてな、今が春なのかな、と
疑問符をいくつか浮かべているうちに短い夏を迎え、そうこうしていると定規でき
っちり線を引いたような秋がやってきて、最高裁で決着をつけたような冬が迫って
くるわけです。

 まだ湖も水割り状態。それでも春なんです。
 

Re: 同じ五重塔?

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 4月12日(月)22時24分21秒
返信・引用
  > No.712[元記事へ]

>アナログ熊さん

> 釧路にも新西国33所があるんですか~。

 あるんですよ。ただ場所がきわめてわかりにくく、すべて撮影するにはかなり
根気が必要です。

> ブログの方に載っていた青銅製の五重塔は、秩父7番にもあります。
> きっとどこかで注文生産(型は一緒で)しているのでしょうね。

 ほんとによく似ていますが、比較してみると微妙にちがいますね。

 ついでに第二番観音さまの全景も。やはり部分と全体では印象がかなり異なり
ます。人間も同じですね。
 

同じ五重塔?

 投稿者:アナログ熊さん  投稿日:2010年 4月12日(月)12時54分59秒
返信・引用
  釧路にも新西国33所があるんですか~。
各地に写し霊場がありますが、北海道にもいろいろあって当然でしょうね。
同じ写し霊場でも坂東は距離的に近いですが些かマイナーで、秩父は北海道の人にはどこにあるかもわからないでしょう。
したがって観音霊場の本家「西国33所」となるんでしょう。
(西国霊場とは、後に坂東やさらに秩父が設立されたため、本家を敢えて西国と称したものです。)

ブログの方に載っていた青銅製の五重塔は、秩父7番にもあります。
きっとどこかで注文生産(型は一緒で)しているのでしょうね。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 4月11日(日)22時01分10秒
返信・引用
  ブログを拝見するに、未だ春に至らず・・・との感を抱きましたが・・・

こちらは今・・・初夏の足音が

http://sanpendo.yolasite.com/

 

Re: 重文から国宝昇格有力らしい!?

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 4月 4日(日)23時15分10秒
返信・引用
  > No.709[元記事へ]

>アナログ熊さん

> 自分でも画像BBSを運営しているのですが、春のスポーツシーズンが始まって大量の現場実況投稿を受け入れている為、こちらに投稿します。(笑)

 おやおや、関大に負けたとは残念ですね。

> 全国的には無名ですが、埼玉県の東北部の利根川右岸の旧妻沼町(現在は熊谷市に吸収)に聖天山歓喜院という寺院があります。

 無名だけど値打ちのある寺院(には限りませんが……)というのは、ぼくの好み
です(笑)。

> その最後の屋根上から見られる見学会に、行ってきました。

 う~む、ぼくは高所恐怖症だからダメですね。

> 寺でありながら、お祀りしているのが歓喜天という神様ですので、権現造り(拝殿/幣殿/本殿が一体化した形式)になっています。

 R299の写真にも「権現」さんがいくつか写っていましたが、こちらではあまり
なじみがありません。見物したいんですけど、なかなかチャンスが……

> というより、本題はリンクしたデジカメの画像素子比較のページの紹介でした!

 論より証拠、コンパクトデジカメの1000万画素よりも D70 の600万画素のほうが
画質は上等ですよ。A3判くらいに印刷しても十分いけると思います。

 たしかに全山紅葉の景色などは600万画素では明らかに不足ですが、そういう場面
は35ミリフィルムでも不満があるんですから、少なくとも中判以上のカメラでなくて
はもともと無理ではないでしょうか(買うつもりも買う資力もありませんけどね)。

> これだけだと何か寂しいので、ヘビーな画像も添えてしまいました、のよ。

 それじゃ、こちらはワビサビ路線で(笑)。画面右下、たった一輪のフクジュソウが
アクセントになっていました。
 

重文から国宝昇格有力らしい!?

 投稿者:アナログ熊さん  投稿日:2010年 4月 4日(日)22時13分47秒
返信・引用
  自分でも画像BBSを運営しているのですが、春のスポーツシーズンが始まって大量の現場実況投稿を受け入れている為、こちらに投稿します。(笑)
全国的には無名ですが、埼玉県の東北部の利根川右岸の旧妻沼町(現在は熊谷市に吸収)に聖天山歓喜院という寺院があります。
この聖天堂は現在、国指定重要文化財ですが、平成15年より大修理を始めていましてこれが今秋やっと修理工事が終わる予定です。
その最後の屋根上から見られる見学会に、行ってきました。

寺でありながら、お祀りしているのが歓喜天という神様ですので、権現造り(拝殿/幣殿/本殿が一体化した形式)になっています。
拝殿はそれほどでもないのですが、幣殿から本殿は彫刻に埋め尽くされ、それらが今回の修理で創建当時の極彩色に再現されました。
屋根も創建当時の銅板瓦棒葺きに戻し(修理前は銅板平葺き)、さらに創建時の「チャン塗り(松脂に胡麻油を混ぜ墨を入れて黒くした当時のペンキ)」を屋根全面に塗ってありました。
修理前の綺麗に緑青が吹いた柔らかな平葺きの線に慣れていた参詣者は、真っ黒(グレーがかった艶なし黒)な屋根にさぞど肝を抜かれるでしょうね。

この彫刻群が貴重で他に例を見ないものであり、彩色も完全に再現されたので、現在の聖天堂の完成が安永8年(1779)という比較的新しい建造物にもかかわらず、修理完成後には国宝に指定替えされるようです。

というより、本題はリンクしたデジカメの画像素子比較のページの紹介でした!
http://takuki.com/gabasaku/CCD.htm
これだけだと何か寂しいので、ヘビーな画像も添えてしまいました、のよ。
 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 3月28日(日)18時31分53秒
返信・引用
  > No.707[元記事へ]

>三友亭さん

 どうもありがとうございます。どちらもぼくが見たことのない花です。

 こちらはやっとフクジュソウですから、とても同じ日本国とは思えませんね。

 でも春採湖の氷も融けてきましたので、これからが楽しみです。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 3月27日(土)22時54分17秒
返信・引用
  福寿草ですか・・・
なんとまあ可愛らしい姿でしょうか。
我が家の裏庭は、沈丁花の季節も過ぎ、今は・・・

白雪芥子・・・そしてシャガです。
年を追うごとに、賑やかになって行きます。

http://sanpendo.yolasite.com/

 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 3月12日(金)19時50分34秒
返信・引用
  > No.705[元記事へ]

>三友亭主人さん

 三友亭さんのブログも拝見しましたが、もうサクラが咲いているとは驚きです。

 2枚目の写真、春独特の空気がたしかに写っています。これはけっして冬のもので
はありませんね。

 こちらは車の雪を落としているんですから、日本は狭いようで広い。写真で見れば
たいしたことはなさそうですが、どうしてどうして。夜のうちに一度雪を払ってこれ
ですからね。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 3月12日(金)07時53分38秒
返信・引用
  すみません・・・画像・ファイルのボタンと間違えて投稿のボタンを押してしまいました。
今度こそ、大和の春を・・・・
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人メール  投稿日:2010年 3月12日(金)07時50分31秒
返信・引用
  まだ、雪は残っているんでしょうね・・・
こちら大和はまもなくお水取りも終わり本格的な春が・・・

そんな大和の春の光景です。
 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 2月17日(水)22時44分56秒
返信・引用
  > No.701[元記事へ]

>三友亭主人gatayanさん

> 暦をひと巡り以上すぎて娘の年齢に戻った方々です・・・

 なるほど。長寿になったとはいっても、60代を目前にして亡くなる方はたくさん
いますから、還暦を迎えるということは現代でもめでたいことにはちがいありませ
んね。

 高齢者が福をもたらすという考えはすばらしいと思います。どうかぼくも大事に
してください(笑)。

> 写真は・・・来週ご説明しますが、我が町三輪の名物です・・・

 ブログも拝見いたしましたが、すぐにそうめんとわかりましたよ。今でも自然
乾燥しているんですね。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人gatayanメール  投稿日:2010年 2月13日(土)09時12分46秒
返信・引用
  申し訳ありません・・・
「ひと巡り異常すぎて」ではありません。
「ひと巡り以上すぎて」です。

恥ずかしい限りです・・・

http://sanpendo.yolasite.com/

 

Re: (無題)

 投稿者:三友亭主人gatayanメール  投稿日:2010年 2月12日(金)22時50分7秒
返信・引用
  > No.700[元記事へ]

薄氷堂さん

>四十代くらいでしょうか(笑)。

とんでもない・・・もうじき五〇になる私ですが、そんな私から見てもひとまわり以上、上の方々ばかり・・・
暦をひと巡り異常すぎて娘の年齢に戻った方々です・・・

写真は・・・来週ご説明しますが、我が町三輪の名物です・・・

http://sanpendo.yolasite.com/

 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 2月10日(水)21時55分45秒
返信・引用
  > No.699[元記事へ]

>三友亭主人gatayanさん

> この神社の福娘さんたちは・・・そう、たぶん薄氷堂さんよりも深い年輪の刻まれた方々ばかりですので・・・

 ははあ、そうすると四十代くらいでしょうか(笑)。

 でもそういう方々を「娘」とはちといいにくいような気もいたしますが……
 

Re: (無題)

 投稿者:三友亭主人gatayanメール  投稿日:2010年 2月 9日(火)07時48分58秒
返信・引用
  > No.698[元記事へ]

薄氷堂さん



>  拝見しました。この写真が福娘さんですね。
>
 いえいえ・・・このお嬢さんはまだ二〇そこそこのうら若いお方です。
この神社の福娘さんたちは・・・そう、たぶん薄氷堂さんよりも深い年輪の刻まれた方々ばかりですので・・・

http://sanpendo.yolasite.com/

 

Re: (無題)

 投稿者:薄氷堂  投稿日:2010年 2月 8日(月)22時03分20秒
返信・引用
  > No.697[元記事へ]

>三友亭主人gatayanさん

> 気弱な私には、京都にお住まいのえらあ~い先生のように町行くお嬢さんに気軽にカメラを向けることは出来ませんが・・・こんな写真なら・・・

 おまえは無教養だというので、あの先生には破門にされてしまいました(笑)。
先生、あいかわらず河原町あたりでおねえさんをねらっておいでかな?

> 詳しくは三友亭日記を・・・

 拝見しました。この写真が福娘さんですね。

 大勢の人が一眼レフで激写しているのにはビックリ。よほど有名な行事らし
いですね。

 この場合、背後からお撮りになったのは正解だと思います。ぼくもそうした
でしょう。釧路川のラッコもそうでしたが、同じ場所から同じ対象をねらうの
は気恥ずかしくて苦手なのです。
 

(無題)

 投稿者:三友亭主人gatayanメール  投稿日:2010年 2月 8日(月)21時41分5秒
返信・引用
  さて・・・この写真は・・・
気弱な私には、京都にお住まいのえらあ~い先生のように町行くお嬢さんに気軽にカメラを向けることは出来ませんが・・・こんな写真なら・・・
詳しくは三友亭日記を・・・

http://sanpendo.yolasite.com/

 

Re: 鯛・・・?

 投稿者:三友亭主人gatayanメール  投稿日:2010年 2月 7日(日)21時25分9秒
返信・引用
  > No.695[元記事へ]

薄氷堂さん


>  ところでこの鯛にふさわしい恵比須さん役の人もいるのでしょうか?

縁起がいいでしょう・・・でも、仰るような恵比寿さんはいらっしゃられないんですよね。
でも、この週末は初恵比須・・・その祭の様子は明日明後日ぐらいに三友亭日記で・・・

http://sanpendo.yolasite.com/

 

レンタル掲示板
/45