teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:New  投稿日:2016年10月23日(日)18時45分53秒
  乙。カルト教団の詳細が分からないのはやはり北米というのもだが宗教的な厄介さを経験しづらい史実日本人だからともいえるな。
韓国は”まだ”爆発しなかったか・・・これから爆発するのはほぼ確定っぽいけど
 
 

第29話感想です。

 投稿者:ham  投稿日:2016年10月23日(日)12時36分31秒
  乙です。
うーむ、やはり日本人の意識改革が必要ですなぁ・・・
なんか言動がCKっぽく見えるが、テレビや新聞、本で「そういう風に思われるのでは?」と暗意を含ませて地道に意識改革かな・・・?

パーティではさっそくマッカーサーのやってくれていますね。
やはり史実の英雄はチートだわと思わせるだけの手腕っぷりですねぇ。


そして、作中で陸軍の現況が・・・
近衛師団は実質的に中央即応集団となり、
歩兵師団は装甲戦力を拡充、
ハーフトラックの充実で漸く機械化歩兵大隊を初期の計画通りに配備できた機械化歩兵師団
これらを併せて25個師団。
これに加え戦車師団、工兵師団・・・
って、工兵師団とな!?
初耳な師団ですが、果たしてどんな感じなんのやら・・・

空軍は・・・ご愁傷様です。
しかし、統合航空総隊(仮称)ですか・・・
恐らく自衛隊の航空総隊からとったのでしょうね。
最終的には航空総軍とか航空艦隊とかの名称を使うかな?


あと、嶋田さんの心の中の夢物語に草が生えるww
あ な た も か い
現実見なさいやwwwww


続いて登場したのはハースト・・・おや、てっきり本国で留まっていると思ってたけど、来たのか。

そして、インドでペスト発生。
アメリカで自称西海岸出身の独立正義党が決起。
うわぉ・・・、なにこの・・・何?
いったい、何が始まるんです?

あまり我々の事は気にせず、御自分のペースで頑張ってください。
 

感想ありがとうございました

 投稿者:earth  投稿日:2016年10月23日(日)11時24分25秒
  >Newさん
何が起きるかは次回以降で。
まぁ夢幻会の面々が頭を抱えて転げまわることでしょう。

>nonoさん
拙作ですが楽しんでいただけて幸いです。
今後も楽しんでもらえるように努力します。

>辺境人さん
ポーランド人は地道に頑張ってくれるでしょう。故郷は地獄となりそうですが。
現実(日本)は斜め上をいくので、ある意味で斜め上をいけるヒトラーはついていけるのでしょう(笑)。
何が起きるかは次回以降に。

>aaaasさん
日本がラスボス……こんな戦記ものは少ないでしょうね(笑)。

>ひでさん
楽しんでもらえてよかったです。
ただこちらのPCから見たら更新履歴には載っているのですが……何ででしょうね?

>アルマさん
ユダヤ人は大抵被害者として書かれますが、実態は結構アレですからね……。
この話ではその面を表現できればいいなと思います。

>CV33 カルロ・ベローチェさん
韓国がどうなるかは次回以降に。
まぁやらかすことに定評のある彼らのことなので……。

>たけのこさん
人類がもう少し手を携えていける生物だったら、もっと平和だったんでしょうね(汗)。
なろうについては……ちょっと難しいと思うので(汗)。

>ゲルトシュタインさん
拙作ですが楽しんでいただけたら幸いです。

>提督憂鬱さん
拙作ですが楽しんでいただけたようで幸いです。
なろうにそんな作品があるとは知りませんでした。
機会があれば読んでみようと思います。










 

めちゃ面白かった

 投稿者:提督憂鬱  投稿日:2016年10月14日(金)15時43分55秒
  なろうのランキング1位の某作品(オマージュ?パクり?)からこちらの存在知りました。
うん、めちゃ面白かった。
密室で行われる謀略合戦。
こんな展開絶対ねーわwと一笑するも、いやこんな歴史も実際ありえたのかなと思わせる妙な説得力あって最後まで面白く読めました。
戦後編も問題山積みインベントてんこ盛りのようですし更新楽しみにしてます。
 

作者様へ

 投稿者:ゲルトシュタイン  投稿日:2016年 8月30日(火)00時12分57秒
  ありがとうございます 返事いただけて これからも読ませていただきます\(//∇//)\  

面白かった!

 投稿者:たけのこ  投稿日:2016年 8月25日(木)08時59分11秒
  更新、ありがとうございます。
楽しく拝読させていただきました。

史上最大の厄災から立ち上がろうとしているときにも
人類はお互いの足を引っ張ってばかりですね
いやはや業が深いものです(笑)

日本、夢幻会としては
英国諜報員の言う近隣東南アジア諸国を搾取するというよりも
いちはやく貿易相手国となるような成長をして欲しいですね
お互いwin-winな相互利益ある関係で成長したいものです。
そして辻魔王の言う通り
基幹技術を抑え、日本勢力圏を良識ある日本依存に…
あ、これ腹黒紳士と言っていること変わらないわ…(笑)

私もなろうに投稿していただけると
今よりこの作品を見る人間が増えそうで嬉しいですね!
でも今のままでも勝手ながら何ら困りませんし
何より作者様がお忙しいのでなろう投稿するのであれ
余力が出来てからのまだ先のお話ですね。
 

CV33 カルロ・ベローチェ

 投稿者:CV33 カルロ・ベローチェ  投稿日:2016年 8月17日(水)12時56分36秒
  ユダヤ人は煮ても焼いても食えませんからね、これは手間取りそう。
やっぱりイギリス諜報部は優秀ですね、プロフェッショナルという感じがいます、それにくらべてドイツ諜報部は楽観的というか小物臭が漂っていますね、韓国の暴走がドイツの予想もしない結果を引き起こしそうで今から楽しみです。
 

(無題)

 投稿者:アルマ  投稿日:2016年 8月14日(日)15時16分15秒
  更新お疲れ様です。
ポーランド人はともかく、ユダヤ人はしぶとくしつこく、そして執念深いですからね。夢幻会といえど、どこまで手が打てるか。
 

(無題)

 投稿者:ひで  投稿日:2016年 8月 9日(火)12時24分22秒
  更新履歴に書いてなかったので新作に気づくのに遅れちゃいました。

面白かったです。ありがとうございます。
 

提督たちの憂鬱 戦後編

 投稿者:aaaa  投稿日:2016年 8月 1日(月)01時16分20秒
  更新乙です。

遂に!遂に満を持しての天山登場ですね!!

ポーランドの面々は地道にコツコツ路線に変更したようで。
ユダヤの方はまだまだ聖地を諦めきれていない感じですね。

諜報面ではドイツの三下悪役感とイギリスのプロフェッショナル感が良い対比になっていますね。
そして殆ど会話はないのにラスボス感満載の日本諜報部w
 

(無題)

 投稿者:辺境人  投稿日:2016年 7月31日(日)23時02分45秒
  更新お待ちしておりました。梅雨明けしても相変わらず湿度は高いしじめじめした暑い日が
続きますのでどうか夏バテなどせぬようご自愛ください。

>亡命者たち
ユダヤはさすがというか呆れるというか数千年前から聖地奪還を願い続けてきたのは伊達では
ないというか少しは現実見ろよと言いたい……。あっちには英国と違って日本の拠点になる土地なんて
無いんだから慎重になるのは当然だしましてやエルサレムなんて火薬庫に手を突っ込むなんて
史実を知ってる夢幻会がやるわけないですよね。ポーランドもまあ破壊されたワルシャワを完全に
元に戻すような偏執的な民族なだけにこっちも全く諦めてはいないようですがとりあえずは教育で
なんとかしようとする点はポイント高いですね。史実ではキュリー夫人から理系のノーベル賞を
取っているポーランド人はいませんがポーランド出身の受賞者はいますからここで人材教育に
励めばそうした人材が自治都市から出てくるかもしれませんね。

>天山
採用ありがとうございました。陸攻乗りは雷撃ができなくて不満かもしれませんが低空侵攻は
今後の航空作戦でも有効な戦術ですから今後もその腕をより磨き上げて欲しいものです。
イギリスもドイツもだんだん「日本だから仕方ない」と諦観してきているようですがまだまだ
原潜などの隠し玉もあるんですよね。イギリスはアラスカの弾道弾が本命だと思ってますが
SLBMに関しては総統閣下の妄想の方が正鵠を射ているという……。

さて最後に日本から遠く離れた場所で起こった轟音はどこで何が起きたのか、火種だけは
世界中にあるだけにどこで起こっても不思議はないですが次回も楽しみにしております。
 

28話読みました

 投稿者:nono  投稿日:2016年 7月31日(日)22時40分45秒
   さっそく読ませていただきました。こういう神の視点で情景がわかるのはいいですね。複雑な利害関係と裏話。生きている人がそれぞれに精一杯行動しているさまが分かりやすく描かれている。私のように特に詳しい知識もないものにはとっても嬉しい描き方です。ずっと続けてくださっていいのですよ?次のお話をお行儀よく待ってます。  

(無題)

 投稿者:New  投稿日:2016年 7月31日(日)22時40分11秒
  更新お疲れ様です。全世界から疑惑の目を向けられる夢幻会・・・まあ黒も光沢すら感じさせるほど真っ黒なんだがw
そして何が始まるんです(震え声)
 

感想ありがとうございました

 投稿者:earth  投稿日:2016年 7月31日(日)22時09分14秒
  >ゲルトシュタインさん
長らくお待たせしました。本日、何とか更新しました。

>レオナルド博士さん
まさに現実は小説よりも奇、を地で行く展開が最近続いていますので、物書きとしては
苦労しています(苦笑)。
神は天にいまし、全て世は事もなしがベストなんですが……。

>ぽてとぱいさん
主人公たちは戦争に勝つためとはいえ、スターリン、毛沢東を超えるジェノサイダーになったので……。
まぁ今後も自分のしたことのツケを支払う日々が続きそうです(苦笑)。

>あ、かもめさん
お待たせしました。何とか7月中に更新しました。




 

提督たちの憂鬱

 投稿者:あ、かもめ  投稿日:2016年 7月25日(月)02時26分7秒
  更新待ってます!

 

提督たちの憂鬱の感想(一言)

 投稿者:ぽてとぱい  投稿日:2016年 7月 3日(日)13時52分28秒
   先日より『提督たちのの憂鬱』『提督たちの憂鬱戦後編』を楽しく読み勧めております。
 当初は架空戦記悪役常連の救済作品だとばかり思っておりましたが・・・・。

 作者様はきっと、彼らが大嫌いなんでしょうね。
作品世界は彼らが落とされた無間地獄にしか思えなくなってきました(^_^;)。

 彼らに和らぎのあらん事を(¯人¯)
 

(無題)

 投稿者:レオナルド博士  投稿日:2016年 7月 2日(土)00時03分23秒
  数年前より楽しく読ませていただいております。
まだ話は進んでいないようですが、奇しくも英VS欧州の構図が現実でも起こりそうですね。
それも民主主義によって。
憂鬱世界における歴史の逆修正力でしょうか。
現実は小説よりも奇なりとは良く言ったものです。
さらに、その名言も英国人の言葉だそうで。
 

作者様

 投稿者:ゲルトシュタイン  投稿日:2016年 6月28日(火)21時42分0秒
  いつも見てます 新作はやくみたいです(≧∇≦)  

ありがとうございます

 投稿者:ハーメルンの大日本帝国  投稿日:2016年 6月20日(月)21時16分30秒
編集済
  まずはご許可くださりありがとうございます!

そのような真似をするつもりはないのでご安心ください
そのようなことをして提督たちの憂鬱を冒涜するような真似やearth様に迷惑をかけたくありませんし

使う予定ははISの二次創作の中で
昔アメリカの開発していた生物兵器が盗まれ使用されたという内容ですので
(この生物兵器を考えている時にアメリカ風邪を思い出して聞きました)


これからも楽しみに更新を待っていますね
 

(無題)

 投稿者:earth  投稿日:2016年 6月20日(月)20時38分11秒
  >あさん
すいません、リアルが立て込んでいまして……もうしばらくお待ちください。

>774さん
リアルが立て込んでいまして……任される仕事の量と質が上がってくると中々余裕が(涙)。

>あゆさん
小説家になろうへの投稿ですか……前、アルファポリスに登録したときに荒らされたことがありましたし、
以前、憂鬱の盗作騒動を起こしたのは小説家になろうの作者さんですから、少し躊躇しますね(汗)。
一応、検討してみます。

>ハーメルンの大日本帝国さん
憂鬱ネタを使用されるのは構いませんが、文章をまるまるコピーペーストするような真似は
しないでください。昔、そのようなトラブルがあったので……。





 

レンタル掲示板
/76